日本の政治史初!「人工呼吸器をつけた政治家」の登場

日本の政治史上初ではないでしょうか?
「人工呼吸器をつけた政治家」の登場

ALSで人工呼吸器をつけた舩後靖彦さんに、声をかけて政治の舞台に立って頂くお願いをする山本太郎氏も凄いなと思うと同時に、その気持ちに応えて、選挙に立候補する船越さんに、これから想定されるご苦労に対する覚悟も含めて、心から敬意を表します。

障がいの境目のない(心のボーダーレス化)を目指しているトラストバンクとしても、今回の出来事は、大変うれしくここに、シェアさせて頂きます。

人工呼吸器をつけた政治家が当選確実! 国会はどう変わる?

(上記ニュース記事の記事を一部引用)
れいわ新選組の比例代表の「特定枠1」に名前を連ねていた舩後靖彦(ふなごやすひこ)氏。車いすに乗り、生活の全てに介助が必要な人が政治家になることで、国会はどう変わるのだろうか?

参議院事務局や支援者たちに話を伺った。

人工呼吸器と胃ろうをつけ、生活の全てに介助が必要
舩後さんは1999年夏、41歳の時に箸などがうまくつかめなくなる症状を発症し、翌年ALSという診断を受けた。ALSは全身の筋肉を動かす神経が侵され、意識ははっきりしたまま全身が動かなくなっていく難病だ。

2002年には気管切開をして人工呼吸器をつけ、胃ろうも造設した。声を発することができないため、現在は歯でかむセンサーでパソコンを操作しながら、意思疎通をはかっている。

車いすを使い、外出時には看護師かヘルパーらが同行している。

そんな身体状況で政治活動を行うために、何が必要なのだろうか?

国会の本会議場、委員会室 建物はバリアフリー?
車いすで移動している舩後さん。まず、国会の本会議場、委員会室、議員会館など、政治家の職場は車いす対応がなされているのだろうか?

関連記事

  1. 障がい者の「仕事×体調」両立支援システム

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。